当日 キャッシング

当日キャッシングでお金借りる方法 【※絶対借りることができるのか?】

このサイトでは、以下の内容をご紹介しています。

  • 当日借りれるおすすめカードローン
  • 今日中にお金を借りる方法
  • お金を借りる様々な方法の比較

結論から言うと、当日お金を借りれるカードローンとして、プロミスアコムが30日間無利息サービスもありオススメです。絶対借りられる方法があったとしてもそれはヤミ金など危険なサービスなので、信頼できる大手に頼るのが賢明です。

 

当日借りれるキャッシングならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のキャッチフレーズでおなじみのアコムは、初めてお金を借りる方に広く利用されているカードローンです。初回利用なら30日間の無利息期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

『WEB完結』が利用できるプロミスなら申込〜借入の一連の手続きを全てネットで完了できます。審査もスムーズなので今日中に借りたい多くの人が利用しています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入可能です。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

今日中に借りるなら信頼できる大手が安全

プロミスとアコム、どちらも超有名な大手金融グループに属しています。

  • アコム = 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス = SMBCグループ

何としても今日中に借りたいという場合、どこで借りるか吟味している時間はあまりとれません。そんな状態で頼りになるのが、大手が提供しているという信頼感と安心感です。プロミスとアコムは、安心と安全に利用できる今日中に借りたい方にぜひともオススメしたいサービスです。

 

【即日融資可能】ユーザーおすすめランキング

カードレス

■プロミス基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結を利用すると、申し込みから借入までの全ての手続きがネットで完結できます。もちろん、手続きの途中で不明点があれば、オペレータの方が親切に電話で教えてくれますから安心です。それに、女性オペレーターが対応してくれるプロミスレディースも人気です。女性はもちろん男性にも大変人気のサービスです。

↓※女性のみならず男性も利用OKです♪↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\当日借りるならプロミス!30日間利息ゼロ円♪/

最短即日

■アコム基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは貸付残高No.1の実績があります。お金を借りるなら実績と信頼のアコムで借りるのがオススメ!三菱UFJフィナンシャルグループの一員であるアコムは、知名度も抜群の初めてお金を借りる方にも安心して利用できるカードローンです。男性も女性も多くの方がアコムを利用されています。
\最短1時間融資!しかも30日間利息0円!/

LPバナー 200x200

■新生フィナンシャル レイクALSA基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webなら最短60分での融資も可能!/

LPバナー 200x200

■SMBCモビット基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込をした曜日や時間帯次第では翌日以降の取り扱いになることがあります。

\30代以上の方に多く利用されています/

 

【当サイト厳選】一押し人気カードローン



今日中にキャッシングでお金を借りるなら

がオススメです。プロミス・アコムは、どちらも申し込み〜審査〜借り入れという一連の流れがとてもスムーズに進むことが特徴で、最短で即日、つまり今日中にお金を借りることができます。

今日中にどうしてもお金を用意する必要がある方にとってもオススメなカードローンです。(しかも初回利用なら、30日間無利息で借りられます。)

 

カードローンの基礎知識

ここでは、初めてカードローンを利用する方に向けて利用の仕方を具体的にお伝えしていきます。

 

 

利用できる方の条件

お金を借りることができる人には条件があります。
それは、

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

の2点です。

 

お金を借りるという行為は法律上の契約行為にあたります。したがって、20歳以上でないとお金は借りられないのです。

 

貸金業者は、貸したお金が回収不能になってしまったら経営が成り立ちません。きちんと貸したお金を返済してもらえるかどうかは死活問題なので安定した収入があるという点が利用条件になっているのです。この点は、銀行などで借入をする際にも同じことです。

 

申し込み方法について

カードローンでお金を借りるはじめのステップが『申し込み』です。お近くに自動契約機や契約窓口があるなら、そちらで申し込むこともできます。ただ、近頃ではスマホやパソコンを利用する人が増えているので、ネットを通じて簡単手続きで申し込みしています。


名の知れた大手消費者金融会社では、融資までのスピードに特に重点を置いているので、申し込みから最短30分で利用可能と謳う消費者金融もあります。
こちらのサイトでも、オススメカードローンを紹介していますから参考にしてみてください。

ユーザーおすすめカードローンランキング>>

 

審査内容や方法について

カードローンの申し込みをしたら続いて『審査』に移ります。審査内容の詳細については、いずれのカードローン会社も公表していません。


ただ、貸し出したお金が回収不能になってしまっては、貸金業者の経営が成り立たないことを考えると、『貸したお金をちゃんと返済してけるか』という視点に立って審査が実施されることは間違いありません。審査の際には、たとえば

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借入履歴

といった項目が審査対象となります。

 

審査時には、業者により多少の違いはありますが、申込時に申告した勤務先で確かに勤めているかを確認するために在籍確認の電話連絡が入ることがあります。

 

ここで、カードローンで借金があると言うことを会社の同僚など周囲の人に内緒にしておきたいという気持ちの人もいるでしょう。そうした利用者の感情に配慮してか、在籍確認の電話のときには業者名を名乗ることなく、個人名や架空の会社などを名乗って電話をかけてくることが多いです。また、中にはそもそも電話連絡による在籍確認をしていないカードローンも存在していますので会社の人にバレたくない人にはこちらがお勧めです。

 

電話連絡で在籍確認をしないカードローン>>

 

金利について

カードローンでお金を借りたら利息がかかります。利息がいくらかかるかはこれから借りようとする人には気になるところだと思います。
お金を借りた際に発生する利息は以下の計算式によって算出することが可能です。

 

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

返済方法

借りたお金を返済することはとても簡単にできます。設定された返済期日までにお近くにあるコンビニATMからローンカードで入金すればいいだけです。

 

他にも、カードローン業者各社で返済しやすい様々な方法を用意しています。たとえば、ご自身の口座からの引き落としによる返済や、業者の指定する銀行口座への振り込みによる返済などです。

 

借りたお金はできるだけ早く返済してしまいたいものだと思います。早めに返済を終わらせるための知恵として、繰り上げ返済を行うという手があります。例えば、定められていた月々の返済額が10,000円だったとした場合に余分に20,000円入金をするとその分だけ残高が早く減ることになります。そうすれば、支払う利息を少なく済ませられるのです。いずれはどうせ全額返済しなければなりませんので、余裕を持って早め早めに支払うという考え方を持つと、借金はみるみるうちに減っていきます。余裕のあるうちにどんどん繰り上げ返済をするのが、後々のことを考えると楽だと思います。

 

消費者金融は金利が高いと一般的には言われるようです。しかしながら、それほど大きな金額で無く比較的少額を借りる場合ならすぐに返済することだってできると思いますが、大手消費者金融各社では借りた翌日から30日間は無利息で利用できるお得なカードローンもあります。したがって、上手に利用するととってもお得にお金を借りることができます。

 

30日間無利息で借りれるカードローン>>

 

総量規制とは?

消費者金融業者は、貸金業法という法律の規制を受けます。この貸金業法は、債務者保護を目的とした法律ですが、そのなかで『総量規制』というルールが定められています。このルールによれば、『年収の3分の1までしか借入が出来ない』ということになるのです。

クレジットカードのキャッシグ・消費者金融のカードローンは、賃金業法の規制を受けるため、総量規制のルールが適用されるのです

もし仮に、あなたの年収が300万円なら各社からの借入の総合計で100万円までしかお金を借りられないということになります。

 

カードローンのよくある質問

 

家族や会社にバレませんか?

工夫をすれば家族や会社にバレずに借りることもできます。カードローン申込みの際、カード受け取り方法や在籍確認方法に気をつける必要があります。カードローン審査では、在籍確認の電話が勤務先にかかってくることがありますが、この時がバレやすいタイミングの1つです。また、自宅に届く郵便物によって家族にバレることもあります。

 

会社や家族にバレずにお金を借りたいなら、電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りれるカードローンを利用してお金を借りるのがよいでしょう。

 

電話連絡ナシ・郵送物ナシで利用できるカードローン>>

 

お金を借りる目的は何でも大丈夫ですか?

自動車ローンや住宅ローンなど、中には利用目的が限定されている貸付も存在します。それに対して、カードローンでは借りたお金の使い道は特に限定されていません。カードローンで借りたお金は基本的には何に使っても大丈夫です。

 

複数の会社から借入しても大丈夫ですか?

借入する会社の数は特に制限はありません。総量規制により、借入合計額は「年収の3分の1まで」となりますが、その範囲内なら何社であっても利用自体は可能です。しかし、借入件数があまりにもたくさんになってしまったら新たに申し込みをしようとしても審査に不利に働いてしまうことがあります。この状態を「申し込みブラック」といいますが、あまりにも借入件数が多いと返済不能に陥ってしまうことを危ぶまれてしまうのです。

 

返済はどのような方法でおこないますか?

借りたお金の返済はコンビニのATMから入金することによって簡単に行えます。他にも、業者が指定する銀行口座への振り込みによって返済したり、自分の銀行口座からの引き落としてもらうことによって返済することもできることがあります。詳しくは、ご利用されるカードローン会社公式サイトをご覧ください。

 

借入金額はいくらまで可能ですか?

消費者金融系のカードローンは、貸金業者なので貸金業法によって制限されてます。そして、その貸金業法には「総量規制」というルールが定められており、利用している複数のカードローンの借入額を合計して「年収の3分の1」までしか借りる事が出来ません。

 

少ない金額(例えば1万円)でも大丈夫ですか?

少ない金額でも問題なく借りる事が出来ます。消費者金融では30万円とかのまとまった金額を借りるというイメージがあるかもしれませんが、実際には大手消費者金融では、最低借入額を指定していないところが多いです。また、最低借入額を指定しているところでも「1万円から」というところばかりです。したがって、1万円などの比較的少額の借入でも気にせず安心して借りることが出来ます。

 

バイトやパートでもお金を借りることが可能ですか?

カードローンを利用してお金を借りる事が出来る方の条件は、「定期的な収入があること」と「20歳以上であること」です。バイトやパートも「定期的な収入があること」の条件を満たすことが可能ですので借入ができる見込みがあります。

 

学生はお金を借りることができますか?

中学生や高校生は未成年で契約行為ができませんので借りられません。ですが、20歳以上の方でアルバイトをされているなら学生であってもカードローンの利用資格を満たすので、借り入れが可能な場合があります。

 

女性も安心して借りることができますか?

このサイトでご紹介しているカードローンでしたら、どれでも安心して女性も利用できます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは特に女性にオススメです。

 

主婦も借りることができますか?

お勤めされていない専業主婦の方は利用できません。パートのお給料などの定期的な収入がある場合には、主婦の方も借入出来る可能性があります。

 

その他の色々なお金の借り方

ここでは様々なお金の借り方を紹介します。ぜひ、ご自身の目で比較して検討してもらえればと思います。ただ、そこまで吟味している暇もないかもしれませんし、利用条件が大変厳しいもの、利用目的が制限されているも等デメリットのあるお金の借り方も多くあります。

  1. 即日融資にも対応可能
  2. 申し込み手続きが簡単
  3. 信頼できる大手が実施
  4. 無利息キャンペーンを実施
  5. 利用目的が限定されない

といったことを考えると、やはりプロミスアコムのカードローンを利用してお金を借りるのが今日中に借りたい場合の賢い選択だと思われます。

 

銀行系カードローン

銀行系のカードローンは消費者金融に比べると、少し金利が低いというメリットがあります。そうはいっても、銀行系カードローンは消費者金融に比べて審査が断然厳しくなります。申し込みをしてから審査を経て融資を受けるまでにかかる時間もより長くかかってしまいます。

 

利息が安くて済むことは魅力的かもしれませんが、審査に要する時間を考えると、今日中にでもお金を借りたいという方にはおすすめできません。

 

銀行の目的別ローン

銀行ではカードローン以外にも融資を行っています。銀行の目的別ローンと銀行カードローンとの大きな違いは、借りたお金の利用目的にあります。銀行カードローンは利用目的は制限されませんが、目的別ローンはその名の通り利用目的が限定されています。
銀行によって様々な目的別ローンがあります。例を挙げると、教育ローン、ブライダルローン、マイカーローン、リフォームローン、トラベルローンなどです。
ただし、審査に非常に時間がかかることや目的別ローンに用意されている目的に合わない場合には、お金を借りることができないことです。急ぎで今日中にでもお金を借りる必要があるときには、おすすめできません。

 

クレジットカードのキャッシング機能で借りる

お手持ちのクレジットカードのほとんどには、「キャッシング枠」が設定されています。このキャッシング枠を利用すれば、銀行やコンビニのATM等で手軽にお金を借りられる可能性があります。キャッシング機能のためにわざわざクレジットカードをこれから作るというのは、発行までに少なくとも数日以上かかってしまいますので急ぎの場合には現実的ではありません。ですので、すでにお手持ちのクレジットカードがある場合には、そのカードがキャッシングに対応しているか確認して利用を検討してもいいかもしれません。
ただし、クレジットカードのキャッシングは、非常に高い金利は大きなデメリットです。クレジットカードのキャッシングでは、最大金利である18%で貸付を行っているところも多いです。消費者金融のカードローンでお金を借りたほうが利息を安く済ませることができるうケースも多いです。また、クレジットカードのキャッシングでは、消費者金融のカードローンと違い、繰り上げ返済をすることができません。利息を安く済ませたいからと、予定された返済日よりも繰り上げて早めに返済しても、利息は安くならないのです。

 

ろうきん(労働金庫協会)で借りる

ろうきんというのは、『労働金庫』の略称で、労働組合や生協などのはたらくなかまがお互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。全国に13の「ろうきん」が存在しています。お住まいの場所によって利用できる団体は異なります。たとえば、中央ろうきんは茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨の関東1都7県を営業エリアにしています。ろうきんにもカードローンがあり、、その地域で働いている人なら誰でも利用可能です。

 

生活福祉資金貸付制度

公的な貸付制度として生活福祉資金貸付制度があります。この制度は、失業等の事情により生活に困窮した人を対象とした公的貸付です。窓口は、各地域の社会福祉協議会が担っています。生活福祉資金貸付制度には、以下の種類の貸付があります。

  1. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  2. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  3. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)
  4. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)

この制度を利用して貸付を受けるためには、

  1. 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯
  2. 障がい者手帳を持っている障がい者世帯
  3. 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯

といった条件に当てはまっていないとなりません。生活福祉資金貸付制度の特徴は、大変利息が低くて済むことです。反面、国の貸付制度は審査基準が非常に厳格なので、相当生活に困窮した状況でない限り審査に通ることはないと考えられます。具体的には、生活保護を受けている場合、年金・失業保険を受給している場合、他の借入を利用できる場合等には、生活福祉資金制度を利用してお金を借りることはできない可能性が高いでしょう。

 

学生ローンでお金を借りる

学生の方なら『学生ローン』を利用するという手段もとることが出来ます。注意点として、学生ローンの審査では、借りたお金を何に使うかという使い道が大変重視されていることです。そして、限度額はあまり高くなりませんのでさほど大きな金額を借りることはできません。デメリットは、金利は高くついてしまうことですが、学生の方で、しっかりした利用目的があるのなら学生ローンの利用を検討しても良いかもしれません。

 

ビジネスローンでお金を借りる

事業用資金が必要な場合には、ビジネスローンでお金を借りるという選択肢もあります。ビジネスローンの特徴としては、総量規制対象外で年収の3分の1以上の借り入れでも可能であることが挙げられます。また、個人向けの融資と異なり、金利が低いということもメリットもあります。しかし、数日〜1か月程度を審査に要するので、今日中にでも急ぎでお金が必要な方には適していません。

 

奨学金

奨学金は、進学に必要な学費や生活費を支援する制度です。そのため、奨学金が利用できる場面は非常に限られています。大学を卒業した後、返還する必要のない「給付型」と借りたお金を返還する「貸与型」ととが存在しています。代表的な奨学金制度には

  1. 日本学生支援機構
  2. 民間団体・その他の奨学金
  3. 大学独自治の奨学金制度
  4. 地方自治体の奨学金制度

などがあります。
奨学金の受給にに関しては、大変厳しい審査が実施されることになります。学業での成績はもちろんのこと、必要な学費の総額、通学手段なども対象項目になっていて、返済していく年数や奨学金の金額や金利も変動していきます。

 

家族や親戚からお金を借りる

親兄弟や配偶者などの家族やその他の親戚からお金を借りられるという人は、それも選択肢の1つとなるでしょう。契約行為をまだ行うことが出来ない未成年は、実際の所家族や親戚などを頼ってお金を借りる選択肢しかないということもあると思います。
ただし、家族や親戚からお金を借りるときには、返済にまつわるトラブルにならないように気をつけなければなりません。お金の貸し借りというのは、下手をすると家族関係や親戚関係に禍根を残しかねない問題だからです。また、家族や親戚にお金を借りる時には、貸してもらえるだけの正当な理由も必要です。相手を納得させられるだけでの理由をきちんと伝えて借りるようにして下さい。

 

街金

街金は中小規模の消費者金融会社です。知名度は低いかもしれませんが、大手消費者金融のように個人を対象とした小口融資を行っています。街金は、国や都道府県に貸金業者として登録している正当な業者です。街金は、大手のように大がかりに営業してませんが、限定された地域で営業しています。


注意点としては、中には貸金業登録を行っていない違法業者が存在することがあることです。そのため、街金を利用しようとするときには、財務局の公式サイトで貸金業登録を行っている正当な業者かどうかを事前に確認するようにしましょう。

 

ヤミ金

ヤミ金は貸金業法上の貸金業者登録を行わず違法に貸金業を営んでいる業者です。法外な利息で貸付、厳しい取り立てで債務者を追い込む様は、テレビドラマ、映画、漫画などでもよく描かれています。
ヤミ金業者は、貸金業の登録なしに営業しているため、財務局のウェブサイトで登録業者をチェックしても業者名がヒットしません。映画やドラマで、ヤミ金からお金を借りて人生を破滅させてしまう様がよく描かれていますが、ヤミ金でお金を借りることはとても危険なので絶対に辞めましょう。